松の老木 伐採

大信寺境内のシンボル 枝垂れの赤松が松食い虫に冒され、枯れてしまいました。

松食い虫による枯れた松の伐採は邑楽町の費用で行います。

3月11日 朝9時半に池澤林業さんが、作業員4人と大型クレーンでやってきました。

まず、住職が、発遣式(魂抜き)を行い、作業員の安全祈願をし、伐採開始、大型クレーンで枝を吊りながらの伐採のため、2時間半で完了。

午後は、枝の細切りとトラックへの積み込みです。

年輪を数えたら、110年でした。

こんなに長い間、大信寺を守ってくれたことに感謝です。

 

 

 

 

 

 

 

 

作業前に、東方向から撮影。

 

 

 

 

 

 

 

 

本堂裏からクレーン車が入れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上部が伐採されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

本堂前で、枝を細かく切ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんどん、低くなってゆきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、根本部分が切られました。

 

 

 

 

 

 

 

 

年輪を数えてみました。110本です。

 

 

 

 

 

 

 

 

職人も帰って、ひっそりした境内。何だか寂しい。